3
画像参照:Thangaraj Kumaravel

アジアへの旅行先の中で人気の国は台湾や韓国などありますが、仏教国タイはおすすめです。
バンコクはそのタイの首都です。バンコクは日本からそう遠くないので旅行のフライト時間も短く、
時差も少なく、南国ののどかな国です。夏の気温は暑いですが、雨季でもスコールのような雨が降るだけで、
日本の梅雨のように1日降ることはなく、過ごしやすいです。

また、この国は仏教国としても有名ですが、日本より遥かに多くの信心深い人たちが仏教を信じていて、
時間になると寺院に集まります。そのため、タイではお坊さんがもっとも高い位にいます。
位は高くても、見かけはたいそう質素です。

寺院の建物の色も黄土色や朱ではないオレンジ色が使われ、
日本のようなグレーのお寺とは全く建築様式もすべて異なります。

また、仏像の顔も日本に安置されている仏像より細面で体もやせています。
表情もやはり全く異なり、所変われば、という意味で興味深いです。
そして、こうした仏像は飾ってあるというより、人々の身近に置かれていて誰でも傍で見ることができます。

バンコク観光の見どころとしても寺院であるワット・ポーやワット・プラケオ、ワット・アルンが外せません。
これらの寺院はバンコクを縦断するチャオプラヤ川沿いに集まっており、バンコク観光するなら
リバーサイドに足を運んでみるとよいでしょう。
バンコク市内見物にタクシーやトゥクトゥクに乗るならホテルで頼むことがおすすめです。
料金交渉をホテルのスタッフに頼みトラブル無くバンコク旅行を楽しんでください。